もう迷わないMacの選び方【Apple】


20March

もう迷わないMacの選び方

パソコンを選ぶ

Macを新しく買おうと思っても沢山の種類があるので、 どれを選んで購入したら良いのか迷う人の参考にどうぞ。

まずパソコンを選ぶ際に考えることは
    価格
    PCを使用する用途
    スペック

この3点をまず考えます。

デザイン優先のインテリな人は、この記事を無視して インテリ道を突き進み好きなMacを購入して下さい。

中古を購入しても大丈夫?

apple-mac

Macを選ぶときに価格を一番に考えてMacのモデルを選ぶのは気をつけたほうが良いです。

第一に考えるのは使用用途。多分、一番安価な機種で言うとMacMiniだと思いますが 少しの価格の違いが利用価値を下げてしまう恐れがあります。

予算がないから中古を買おうと考えてる方も危険です。

理由は保証期間が無い(あっても1ヶ月など)、スペックが型落ち、機械は消耗品なので寿命が違うなど

デメリットが大きいです。中古品の相場の値段はおおよそ新品と比べ70%-80%ぐらいでWindowsの中古価格と違い、Macの中古品は安いとは言えません。

中古が安くないと言うことは店側の粗利が大きいわけで購入者側がお得とは言えません。しかし中古でも大丈夫と言う方は買ってください。購入者がいないと中古ショップも潰れちゃいますし。

個人的には2万-4万安いからと中古を購入しても、それ以上に新品Macの方が安心し満足できると思います。

用途を考える

使用用途は価格の次にかなり大事になりますので明確にしてください。

使用目的 推奨タイプ スペック目安 解説
動画を作成編集したい デスクトップ CPU:3GHz 4コア↑ メモリ16GB↑ 高スペックが要求されるので排熱が他より良いデスクトップを選択。ノートPCでやると排熱の関係でPCの寿命がかなり短くなるのと、機種によると軽くCPUコア温度90度以上の熱を体験できるでしょう。エフェクトを使わない5分ぐらいの簡単な動画の作成編集ならデスクトップやノート問わず2.5GHz/2コア/メモリ8GB/ぐらいでも大丈夫でしょう。
画像を作成編集したい デスクトップ/ノート CPU:1.8GHz↑ メモリ:8GB↑ 作業の効率性からディスプレイのサイズ(ノートPCの場合、拡張ディスプレイを利用することで作業効率がアップ)とメモリの容量が問われる
音楽作成編集したい デスクトップ/ノート CPU:2.5GHz↑ メモリ:8GB↑ 使用するソフトの推奨スペックを維持できる程度ならどれでも大丈夫
プログラミング ノート CPU:1.5GHz↑ メモリ:4GB 他の作業と比べPCに高スペックを求めないので、場所を選ばないノートPCが便利
ネトゲ Windows 各ゲーム公式ページ推奨スペック 素直にWindowsを選びましょう。Macでネトゲは適していません。

他の作業(サイト観覧、Officeなどの)は特にどのMacでも不自由なく使えます。

(上記のスペック目安などはMacシリーズでの目安になります)

スペックを考える

最後にスペックを考えていきます。

第一にオーバースペックにならないこと。これはPCの発熱を抑えるのが目的でクロック数が大きければサクサク動くんじゃないかと思うかもしれませんが、Macに限ったらここが落とし穴なんです。

詳しく説明するとMacのCPUを選択するにも多くの選択幅がありますが、同じモデルなら違うクロック数でも大差ないんです。(コア数が違うと大差はあります)

大きな差を体感できなければあとは発熱を抑えるために一番低いクロック数を選ぶほうが良いでしょう。

  1. CPU
      今現状のMacを比べると同じモデルではあまり大きい差を体感できないので一番低いクロック数でも問題ないでしょう。(CPUのboostも考慮)
  2. メモリ
      CPUと違いメモリの大きさでかなり挙動が違ってきます。最低でも8GB、予算があるなら16GBがおすすめです。
  3. ストレージ
      最低250GB以上、予算があるなら500GB以上が好ましいです。Bootcampで利用するなら250GBでも大丈夫ですが写真や動画を本体に保存することは諦めるしかありません。もしも本体に保存したいのなら500GB以上を選ぶしかないです。

結論

一般ユーザーにおすすめなのはMacBook pro 13インチか15インチ

デスクトップPCのように使いたいときは別にディスプレイを用意しデスクトップのように使え、クラムシェルモードと言って閉じたままでも使用でき小スペースでも利用できノートPCでデスクトップPCのようにも使えます。他のモデルと言うと

  • MacBook, MacBook air:専業向け
      これらはプログラマやブロガー向けのノートPCだと言っても過言ではないと思います。 素人が手を出したらPCの底スペックを上手に利用できず不満がでるはず。無論これは玄人向け。
  • Mac pro:業務用、ハイエンドユーザー向け
      業務用PCだと考えてください。 個人で使用することを考えると価格が高すぎ、オーバースペック
  • iMac:インテリ派向け
      デスクトップなのに排熱性が悪い、大きい重い、スペースを取る。同じ価格のWindowsデスクトップPCと比べるとスペックが低すぎる。満足するなら27インチを選ぶしかなく、21インチを買うならMacBook pro + 外部ディスプレイで利用するほうがかなり満足できるはず。
  • Mac Mini:ロマンを求めてる人向け
      こちらもほぼ玄人向けPCです。 理由は自分で改造するのが好きな人やサーバー用途で使う人におすすめで 一般の人が使用する点でMacBookシリーズと比べると値段は安くコストは良いがパフォーマンスが少し悪いです。