【Apple】初期不良や保証期間内の対処法【トラブル】


23Feb

【Apple】初期不良や保証期間内の対処法【トラブル】

Macの交換、iPhoneの交換、iPadの交換

皆さんはApple製品を購入後に、故障は不具合で困ったことはありませんか?

そんな時に役に立つ説明をします。

Apple製品を購入して1年未満であれば

初期不良やデバイスに不具合があるならば交換や修理を無料でしてもらえます

イヤホンの断線や充電アダプタなどの付属品も対象内です。

当たり前ですが改造後などは交換や無料修理の対象にはなりませんので注意しよう。

修理

Appleの対応可能な場合、「交換」と「修理」があります。

修理はそのままの意味で壊れた箇所を交換し修理すると言うことですが

交換されたパーツは以外は元のままです。

交換

Appleでの交換と言うのは通常イメージする新品の商品(販売している未開封の商品)と同じ品物を交換するということは行っていません。

交換専用のデバイスが存在し、それと交換することになります。(箱や備品などは交換されない)


  • 豆知識

    Appleの商品には新品と良品と整備品と言って3種類のカテゴリによってわかれています。

    新品 = AppleStoreや家電量販店などで販売している商品で(箱や付属品付き)

    良品 = 新品商品の初期不良や保証期間内での不具合で交換するための交換専用商品で(本体のみ)

    整備品 = 不良品を整備して通常使用可能になった商品(箱や付属品付き)

初期不良での対処法

すぐに購入した店舗に電話し、そっくりそのまま交換しましょう

iPhone,iPadなど携帯キャリアで購入した物も購入契約した店舗に問い合わせしましょう。

もしも店員さんがAppleに問い合わせして下さいと言うのであれば「Appleは交換を行わないので購入店での交換を希望しています」と伝えてみよう。

Appleで購入の場合はAppleに電話か購入したApple Storeに問い合わせてください。

※基本的にAppleでの対応は全て修理対応で新品(箱+本体+付属品)の交換は行わない

新品交換を希望するのなら購入店舗に交渉するしか手段はないです。

交換の品物が良品でよければAppleに問い合わせ。

店舗での対応はスタッフかジーニアスバーに問い合わせましょう。

シリアル

通常、本体と箱にデバイスのシリアルが記載されている

Appleで交換する場合良品での交換対応なのでシリアルの違いを気にする人は注意してください!

初期不良や購入後すぐに酷い機械的な不具合にあった場合は良品交換の見込みがあると思います

しかし、Appleでは基本的に修理対応です

ソフトウエアやシステム上での不具合は交換や修理は出来ません

シリアルが違うと買取店での査定額が下がります。

初心者の人はよくこの辺を間違われる人を多く見かけます

Appleは他の会社と比べ

サポートや電話での問い合わせの対応が大変素晴らしいと思いますので安心して商品を購入できると思います。

apple