もう迷わない!おすすめSSD


ssd
4May

もう迷わない!おすすめSSD

おすすめSSD

最近、仕事が忙しかったのと新しく購入したデバイス達と楽しく戯れた結果

ブログを一ヶ月の間、放置して再びブログの更新を再開。

それでは本題に入ります。

今、SSDがかなり熱い!!と、言うより円高の関係でPCパーツが買いやすい時期になっている!!

以前と比べて価格が安くなったんです!!

と、言う訳けでSSDを新規購入しちゃいました。

 

850 EVO MZ-75E500B/IT

 

購入した品物は850 EVO MZ-75E500B/IT

以前から使ってみたかったSamsung EVOシリーズです。

現在、Amazonで「15530円」で販売しています。

 

コスパ最強

 

私が今まで好んでSSDを購入していたメーカーはcrucial

理由はコスパがいいんです。トラブルも一度も起きたことはなくパフォーマンス並で耐久性も良いし価格も手頃。

そんな理由で愛用していたcrucial。

しかし2週間前まで使用していたSSDはSilicon Power

なぜSilicon Powerを使っていたのかというと、当初は crucialを購入するつもりでしたが売り切れ状態。

Silicon PowerのSSDしか購入予算で収まらないので、これも何かの縁だろうと思い購入したのです。

しかし2年ほど使用していますが、こいつもcrucial同様にタフなやつでした。

ソフトを使用して健康状態もチェックしてもまだまだ100%健康だったので驚き。

 

今回、SSDを購入したのは今までのSSDが250GBなため容量を増やしたく、タイミングよく気になっていたEVO 500GB SSDが大幅に安くなっていたのでポチっちゃいました。

 

海外の比較サイトで比べてみてもコスパが最強すぎる「850 Evo 500」。

画像のサイトはUserBenchmark

 

付属ソフトがポンコツ

このEVO 500GBには付属のソフトがあります。

このソフトが、これまた使えないポンコツソフト

デバイスの環境にもよると思うんですが、私の環境ではポンコツソフトでした。

SSDからSSDへクローンできるのですが

これがエラーでできない。ソフトウエアを最新に更新してみると次はパーティションも選択できないとか………………

もうこのソフトは使えないと思い。そおっと箱の中へお蔵入り。

大事なのは付属品より本体です。

ソフトはポンコツでも、このSSD、パフォーマンスがよすぎる!今までのcrucialやSilicon Powerと比べてもかなり違いを体感できるほどだった。早い。

 

SSDを購入する前に、どのSSDを買おうか迷っていたんですよね。

EVO 500GBの対抗馬はSANDISK でした。

SANDISKのSSDも使ってみたかったんです。

しかし、UserBenchmarkを見て呆。

EVOがかなりの差で他を圧倒していたのです。

これはもはやEVOしか選ぶ余地はないと思いました。

 

換装と移行作業も終わり、使用している段階ですが

ようやくMac本体に馴染んだ感じで調子よく動いて問題はありません。

ソフトはポンコツだったけど、かなり満足した買い物ができたと思います。

 

換装のやり方や移行のやり方などは、いつか記事を書くつもりです。