VM wareで使用するWindowsの設定


28Feb

VM wareで使用するWindowsの設定

パフォーマンスの向上

VM ware fusionでホストマシン(macbook)のパフォーマンス向上と

ゲストマシン(今回はwindows7)をぬるぬるに動かすための設定

VM wareを使用する際、ホストマシンのスペックが非常に重要となる

しかし、現在使用しているPCで出来る限りのパフォーマンス向上を図るには

VM Ware側とゲストマシンの設定を見直すしかない。

今回はゲストマシン(Windows)の設定の一部を記載します。

Windows側の設定を見直す

次の手順でWindowsのサービスとサービスの設定を見直そう

  1. スタートコンピューター(右クリック)管理サービスとサービスを開く
  2. 不要なサービスを無効にする
無効にするプロセス名 役割 補足
Adaptive Brightness 輝度調節昨日 ホストで行う
BitLocker Drive Encyption Service 暗号化 暗号化しないなら無効
Block Level Backup Engine Service バックアップ バックアップしない
Bluetooth Support Service ブルートゥース 使用しない場合は不要
Diagnotis 診断機能 診断不要
Health key and Certificatite X.509 認証不要
HomeGroup… HomeGroup ホームグループ 使わない
Internet Connection Sharring ホームネットワーク 使わないので不要
Bet.Tcp port Sharing TCPポート TCPポート共有しない
NetLogon ドメインコントローラー DNSレコードを登録しない
Parental Controls 保護者の制限 20歳以上です
Remorte Desktop リモートディスクトップ 使用しない
Remorte Registry リモートレジストリ 使用しない
Secure Socket Tunneling Protocol VPN VPN使わない
Shell Hardware Detection 自動再生 自動再生いりません
Smart Card スマートカード読み取り 使用しません
Superfetch SSD HDDを使用しています
Tablet PC Input Service ペンタブ 使用しません
Telephony 電話機能 PCで電話機能はつかってない
Winodws Backup バックアップ VMwareがやってくれる
Windows Biometric Service 生体認証 使用しない
Windows CardSpace ID管理サービス 管理は必要なし
Windows Media Player Network WMPでストリーミング 使いません